什器を作る。

 入口付近の什器作りです。
客席部分と入口の境目に置く什器を製作。
どんな什器にするか悩んだ結果、
イメージは、圧迫感が無くてシンプル。

まだ未完成ですが、だいたい出来てきました。

什器1

入口反対側に置く什器も製作しました。
反対側は、くぼみがあるのでくぼみにぴったりはまるように作りました。

こちらも未完成ですが、だいたい。

什器2

カウンター作り◆チャイルドデスクを作る

 圧迫感のあったカウンター高さを110cmに変更。
10cm低くしただけで、少し広く感じました。

上に、1×8の天板を乗せて全体をペイントすることに。
茨城県から友達が手伝いに来てくれて、丁寧にペイントしてくれました。
オイルステインで天板をこげ茶、他部分を白色に。

手伝ってくれて本当にありがとう!!
素敵なカウンターが出来ました。

カウンター

次に、チャイルドデスク作り。
以前から持っていたアンティーク風のチャイルドチェアがあるので、
チャイルドチェアに合わせて作ることにしました。

パートナーと2人で考えて材料を購入し、パートナーがカットして
お父さんが組み立ててくれて、友達がペイントしてくれました。
みんなで作った大切なチャイルドデスクです。

desk

カウンター作り

 シンク周りのごちゃごちゃしている部分を隠すのと
作業台などを含めたカウンター作り。

カウンターは、雑貨カウンターとカフェカウンターを
つなげることにしました。
雑貨カウンター下にはラッピング資材類を収納し、
カフェカウンター下には食器棚を設置したいと考えています。

まずはおおまかな外枠から。
1×4の木材をカットして使用。

カウンター作り

シンク周りの目隠しを考えて、カフェ部分は120cmの高さで
雑貨部分は90cmの高さで作ってみました。

…ひとまず外からみてみると、う〜ん圧迫感が!

120cm。

カフェ部分を120cm→110cmにしようと思います。

手洗器&シンク

 手洗器の新設とシンクの移動です。

狭いスペースなので、手洗器はTOTOの幅20cm、
とても小さいサイズにしました。
配管がまる見えなので、目隠しと収納を兼ねて
手洗器の下に何か作ろうと思います。

手洗器

シンクの移動です。
もともとあった古いシンクなので、きれいに掃除して
新しく木をつけるか、カッティングシートを貼ろうかと思います。
蛇口も古いので、後日新しい蛇口と付け替えようと思います。

古いシンク

床材を貼る。

 次は、床材貼りです。

カフェカウンター内以外を床材で貼ります。
床材を貼る前に、コンクリートの上からコンパネを貼りました。
本当は垂木にしなくてはいけないらしいのですが
厚みのある垂木にしてしまうと、私達が考えてたよりも
床が上がってしまうので、コンパネにしました。

コンパネ貼り

床材は大野城市にあるハンズマンで購入。
ハンズマンは床材の種類が豊富にあり、お値段も
思っていたよりも安く買うことができました。

檜の無垢フローリング・節有(長さ3m90cm)を72本購入しました。
節有の方が安かったので節有にしたのですが、のちに
「檜は柔らかい性質なので、節有でよかったよ〜」と
大工さんに言われました。
3m90cmの長さはちょっと長いので、
適度に切ってランダムに貼ることに。

まず、床材の継ぎ目部分等に床用ボンドを付けて貼ります。

床用ボンド

そして床用の釘を使って、床材に固定します。
釘頭が出てはいけないのでポンチと言われる道具で
しっかりと釘を沈めます。

ポンチ!

あとはひたすら貼り続けます…。
朝から晩まで、トンカチとポンチでガンガン貼りました。
コンクリートの時点で既に凸凹していたのと、
床材によっては既にきしんでいるのもあって
上手く入らないのも多々あって、けっこうな労力でした。
でも、上手く入ったときはうれしかった!!


中腰で、しかも力の入る作業でしたので
なかなか進まず、4〜5日かかりました。


最初は木本来の色を楽しんで、何年かして汚くなってきたら
こげ茶に塗ろうかと思っています。